運動ダイエットでメタボ対策

運動ダイエットでメタボを撃退


メタボ対策で重要となる肥満を解消すること。食事の記事でも取り上げましたが、体重を適正にする必要があります。

 

ダイエットは食事と運動の両方を行うと効果的です。ただ、どちらも過度にならないようにしましょう。

 

これまでメタボと診断されず予防のためなら、それほど運動をどんどんする必要なない場合もあります。しかし、ついてしまった脂肪を落としてメタボ基準値以下にしようと思えばかなり大変になってしまう人もいるでしょう。

 

特に慢性的な運動不足であったり、動くのがとにかく嫌な人ははじめは辛く感じるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

運動は続けていくと徐々にスムーズに動けるようになってくるものです。ある一定の期間は辛くてもそこはメタボ解消のため!と割り切って続けることが大切です。

 

メタボ基準で腹囲の数値があるのでとにかくウエストを細くすればいいだろうと腹筋をがんばっているという人もいます。確かに腹部のトレーニングとしては効果的でウエストも細くなってきます。

 

ただ、体は左右、前後のバランスが大切ですので、腹筋をしたら背筋も鍛える運動を取り入れてくださいね。

 

お腹だけでなく全体的に肥満になってしまっているなら、ウォーキングがおすすめです。水泳も全身運動で膝への負担も少なくおすすめですが、施設へ通うことを考えると長く続けていくなら歩くことの方が簡単です。

 

ウォーキングをするときは、水分補給をしっかりして専用のシューズを履くと疲れにくいです。はじめから長い時間歩くようにすると時間をとられてしまって生活に支障がでたり、雨の日に面倒だ・・・となってしまわないように自分にあった方法で歩くようにしたらいいですよ。短い距離なら車でなく歩いていく、ルームランナー(ウォーキングマシン)で歩くなどです。

 

上記で腹筋について触れましたが、代謝をアップするためにも筋肉トレーニングは効果があります。ムキムキになるほど筋トレしなくてもいいのでダンベル運動くらいからやってみるといいですね。


ソーラーシステム