メタボ対策に有効な食事とは

メタボ対策に効果がある食事


メタボの基準から考えれば肥満にならないことが重要といえます。メタボになりたくない、メタボを解消したいと思うならまず一番に食事の改善を行いましょう。

 

BMI値が高めの人は予防というよりもしっかりとダイエットを目的とした食事メニューにしたほうが効果があります。ダイエットになると話題になったタニタ食堂の食事メニューでもカロリーをかなり抑えてあります。

 

細かいルールを決めてしまうと途中で投げ出してしまってダイエット効果が出ない、リバウンドしてしまうなどが起こります。そういった場合は、はじめから大きなルールだけを守るようにする方法もあります。

 

スポンサードリンク

 

たとえば、

 

  • 肉を食べるときは脂身の少ないものを選んで調理する。
  • 生野菜(サラダ等)は毎食、食べるようにする。
  • お菓子は夕食後は絶対に食べない。
  • お酒の量を決めて、休肝日(お酒を飲まない日)をもうける。
  • ご飯のおかわりはなし!

 

などです。これまで不摂生でメタボ気味になってしまっているなら、これだけでも随分と効果があるはずです。

 

メタボ対策だからといって過剰にダイエット向けの食事にするのは健康を害しますのでやめましょう。揚げ物などの油をたくさん使う料理からあっさりした和食に変えていくといいですね。

 

また、食べたほうがいいといわれる食材は野菜のほかに、わかめや、ひじきなどの海藻類です。ただ注意が必要なのは塩分の取りすぎです。なるべく薄い味にしましょう。はじめは味に物足りなさを感じていてもしばらくすると体が慣れてきますから、しばらくは続けてみてください。


ソーラーシステム